Publication

学会発表

第144回 燃料電池研究会セミナー(2019.06.11)


  • 中性子小角散乱で見える水、プロトン -固体高分子形燃料電池の場合-
  •     小泉 智 
  • 第68回 高分子学会年次大会(2019.05.29-2019.05.31)


  • 2C09: 茨城県材料構造解析装置iMATERIAにおける動的核スピン偏極コントラスト変調中性子散乱実験
  •     ○能田 洋平1・前田 知貴1・奥 隆之1,2・小泉 智1 
  •         1)茨城大院理工、2)J-PARC

  • 2C12: 高分子電解質膜ナフィオンのミクロ相分離構造と水の分布
  •     ○小泉 智1 1)茨城大院理工

  • 2C13: 小型中性子源小角散乱装置(ib-SAS)による高分子固体構造の研究
  •     ○小泉 智1・能田 洋平1・稲田 拓実1・大竹 淑恵2・小林 知洋2・泉妻 英樹3 
  •         1)茨城大院理工、2)理研、3)日立電気

  • 1E24: 斜入射中性子散乱による燃料電池触媒の構造解析
  •     ○小泉 智1・上田 悟1・大平 昭博2・黒田 精一2  
  •         1)茨城大院理工、2)産総研FC-CUBIC

  • 2F11: 泡沫(うたかた)の中性子小角散乱 - 儚さの瞬間をとらえる -
  •     ○小泉 智1・能田 洋平1・吉村 倫一2・矢田 詩歩2・藤田 博也3・下瀬川 紘3・松江 由香子4 
  •         1)茨城大院理工、2)奈良女大、3)日油、4)クラシエ

  • 1J22: PEG-PLGA/laponiteハイドロゲル:異なるPLGA鎖長を有するPEG-PLGAのブレンドによるゲル化温度制御
  •     ○前田 知貴1,2・堀田 篤2・小泉 智1  
  •         1)茨城大院理工、2)慶應大院理工

  • SAS2018(2018.10.07-2018.10.12)


  • Material science investigated by SANS instrument at compact pulsed neutron source
  •     ○S. Koizumi1, Y. Noda1, T. Inada1, S. Ueda1, T. Kobayashi2 and T. Otake2. 
  •         1)Grad. Sch. of Sci and Eng., Ibaraki Univ., 2)RIKEN.

  • Development of dynamic nuclear polarization equipment for contrast variation SANS experiment
  •     ○Y. Noda1 and S. Koizumi1
  •         1)Grad. Sch. of Sci and Eng., Ibaraki Univ.

    第144回 燃料電池研究会セミナー(2018.05.23-2018.05.25)


    第67回 高分子討論会(2018.05.23-2018.05.25)


  • 1K20:Development of dynamic nuclear polarization instrument for contrast variation neutron scattering experiment
                at iMATERIA
  •     ○Yohei Noda1・Yukihiko Yoshida1・Satoshi Koizumi1 1)Inst. Quant. beam sci., Ibaraki Univ. 

  • 1K21:Grazing Incident Scattering on Model Catalyst for Polymer Electrolyte Fuel Cell
  •     ○Satoru Ueda1・Satoshi Koizumi1・Seiichi Kuroda2・Andrew Nelson3・Robert Robinson3
            1)Grad. Sch. of Sci and Eng., Ibaraki Univ.、2)Fuel Cell Cutting-Edge Res. Ctr. Tech. Res. Association、
            3)Australian. Nuclear Sci. and Tech. Organisation. 

  • 1K22:Polymer Science by Pulsed Neutron Source - Incoherent Scattering from Hydrogen
  •     ○Satoshi Koizumi1・Yohei Noda1・Takumi Inada1 1)Grad. Sch. of Sci and Eng., Ibaraki Univ.

  • 1K23:Polymer Science by Pulsed Neutron Source - SANS at Compact Neutron Source
  •     ○Satoshi Koizumi1・Yohei Noda1・Takumi Inada1・Satoru Ueda1・Tomohiro Kobayashi2・Toshie Otake2
            1)Grad. Sch. of Sci and Eng., Ibaraki Univ.、2)RIKEN

  • 第66回 高分子討論会(2017.09.20-2017.09.22)


  • 1H03:茨城県中性子構造解析装置を用いた高分子構造の研究 I
            - iBIX装置に基づく広角中性子回折実験の高分子材料への新規展開 -
  • 日下 勝弘 1・○田代 孝二 3・矢野 直峰 1・山田 太郎 1・吉田 幸彦 1・小泉 智 1,2 1)茨城大フロンティア研セ、
        2)茨城大院理工、3)豊田工大院工

  • 1H04:茨城県中性子構造解析装置を用いた高分子構造の 研究 II - iMATERIA における小角散乱から特殊試料環境まで -
  • ○小泉 智 1・能田 洋平 1・吉田 幸彦 1・上田 悟 1・稲田 拓実 1・日下 勝弘 1・田代 孝二 2 1)茨城大院理工、2)豊田工大

  • 1H05:水素核スピン偏極によるコントラスト変調中性子小角散 乱:バウンドラバーの精密構造解析
  • ○能田 洋平 1・吉田 幸彦 1・小泉 智 1・増井 友美 2・間下 亮 2・尾藤 容正 2・岸本 浩通 2・ 山口 大輔 3・熊田 高之 3
        高田 慎一 3・大石 一城 4・鈴木 淳市 4 1)茨城大量子線、2)住友ゴム、3)原子力機構、4)CROSS

  • 1H07:茨城県構造解析装置 iMATERIA による燃料電池触 媒層の研究 - 反射率法によるアプローチ-
  • ○上田 悟 1・稲田 拓実1・能田 洋平1・吉田 幸彦2・小泉 智1・大平 昭博 3・黒田 清一 3
        1)茨城大院理工、2)茨城大フロンティア研セ、3)産総研 FC-CUBIC

  • 1H08:中性子回折装置( iMATERIA )を用いた無機固体酸 ナノポーラスシリカ複合材料のマルチスケール構造解析
  • ○ 吉田 幸彦 1・遠田 裕司 2・稲田 拓実 2・能田 洋平 2・高橋 東之 2・小泉 智 2
        1)茨城大フロンティア研セ、2)茨城大院理工

  • 1H09:中性子小角散乱法による燃料電池触媒の微細構 造の解明
  • ○稲田 拓実 1・上田 悟 1・能田 洋平 1・吉田 幸 彦 2・蟹江 澄志 3・小泉 智 1
        1)茨城大院理工、2)茨城大フ ロンティア研セ、3)東北大多元研

  • 2G03:膜のミクロ構造を観察する立体小角散乱法の開発
  • 小泉 智 1・○上田 悟 1・藤澤 貴子 1 1)茨城大院理工

  • 2G04:膜厚方向のミクロ構造と物質移動を計測する斜入 射中性子散乱法
  • ○小泉 智 1・上田 悟 1・能田 洋平 1 1) 茨城大院理工
  • ICNS2017 (2017.07.09-2017.07.13)


  • ThD1-6:Grazing Incident Scattering on Model Catalyst for Polymer Electrolyte Fuel Cell
  • ○Satoru Ueda1, Satoshi Koizumi1, Ohira Akihiro2, Kuroda Seiichi2, and Frielinghaus Henrich3
        1Ibaraki Univ., Japan, 2FC-Cubic, Japan, 3JCNS at MLZ, Germany

  • ThD2-6:Time-Resolved Neutron Reflectivity Detects Mass Transfer along Film Thickness Direction
  • ○Satoshi Koizumi, Satoru Ueda, and Yohei Noda Ibaraki Univ, Japan

  • 第66回 高分子学会年次大会(2017.05.29-2017.05.31)


  • 1C05:高分子研究を目指した飛行時間型中性子小角散乱装置iMATERIAの開発
  • ○小泉 智・能田 洋平1・吉田 幸彦1・上田 悟1・稲田 拓実1 1)茨城大院理工

  • 1C06:水素核スピン偏極によるコントラスト変調中性子小角散乱-フィラー粒子周辺におけるバウンドラバー空間分布の評価
  • ○能田 洋平1・吉田 幸彦1・小泉 智1・増井 友美2・間下 亮2・尾藤 容正2・岸本 浩通2・山口 大輔3・熊田 高之3・
        高田 慎一3・大石 一城4・鈴木 淳市4 1)茨城大院理工、2)住友ゴム、3)原子力機構、4)CROSS

  • 1C07:中性子反射率法による燃料電池触媒層の構造解析
  • ○上田 悟1・稲田 拓実1・能田 洋平1・吉田 幸彦1・大平 昭博2・黒田 清一2・小泉 智1 1)茨城大院理工、2)産総研FC-CUBIC

  • 1C08:X線及び中性子小角散乱法による燃料電池触媒の構造解析
  • ○稲田 拓実1・上田 悟1・能田 洋平1・吉田 幸彦1・小泉 智1 1)茨城大C

  • 1C09:中性子回折装置( iMATERIA )を用いた無機固体酸ナノポーラスシリカ複合材料の構造解析
  • ○吉田 幸彦1・遠田 裕司2・能田 洋平2・高橋 東之2・小泉 智2 1)茨城大フロンティア研セ、2)茨城大院理工